ご入居後

建物・お部屋使用上の注意点

東日本大震災以来、地震発生頻度が上がっておりますので、火の元には十分ご注意下さい

・調理中にコンロのそばを離れるときは必ず火を消しましょう

・共用部に燃えやすい物(新聞・雑誌・ダンボール等)を放置しないで下さい

・寝タバコやタバコの投げ捨てはせず、吸殻はキチンと処理して下さい

・お子様にはマッチやライターで遊ばないようにご注意下さい
・電気器具は正しく使い、タコ足配線は避けましょう

・ストーブ、ヒーター等に燃えやすい物を近づけないようにしましょう

・長期の外出の際はガスの元栓を閉め、電源スイッチは「切」、コンセントの抜き忘れにご注意下さい

・万一の場合に備え、避難経路・消火器の場所を確認して下さい

・外出時や寝る前には必ず火の元をお確かめ下さい

 

004

 


Q: 漏電になった場合は、どこに連絡したらよいでしょうか?

A: 漏電が起こってしまったときは、早めに管理会社に連絡してください。様子をみたり連絡をしないケースがありますが、被害が大きくなってしまいます。


Q: ゴミの出し方を教えてください。

A: ゴミ出しは、決められた日に決められた場所へ、指定ゴミ袋(一部地域)を用いて行って下さい。各自治体・地域によって決められたルールがありますので、個々にご確認の上、正しく処理をお願いします。可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなど曜日によって出す日が決められています。

また、各自治体によって分別方法、指定ゴミ袋、資源ゴミの取り扱いなどが細かく定められております。

 

家電リサイクル法が施行され、エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機は粗大ゴミとして出すことは出来なくなっております。また、資源有効利用促進法に基づく省令の改正により平成15101日からは家庭用の使用済みパソコン(ノートパソコン、液晶モニターを含む)も粗大ゴミとして出すことが出来なくなりました。

購入なさった家電量販店・メーカーへリサイクル料金をお支払いの上、処分を依頼してください。一人の身勝手な行動のためにゴミ収集中止などの措置がとられることがないよう、一人一人がゴミ出しのルールを守りましょう。

ゴミ出しの日や分別方法は、自治体窓口やゴミステーションの掲示板でご確認下さい。不明な点は、地域自治体や管轄の清掃局等へご連絡下さい。


003
自治体のホームページにもゴミ出しについて、詳しく掲載されております。
家電リサイクル法につきましては経済産業省ホームページhttp://www.meti.go.jp/に詳しく掲載されておりますのでご確認下さい。


Q: 結露対策はどうしたら良いでしょうか。

A: 1.換気扇は常時作動させておく。

マンションは気密性が高い為、自然換気がしにくい構造になります。したがって換気を行うには換気扇を作動させておくか、窓を開けて換気を行う必要があります。

 

2.水蒸気が発生する作業は換気扇を併用する。

洗濯をする・室内に干す、料理や炊事をするなど水蒸気が発生する原因は日常的に様々とあります。そんな時には換気扇を必ず併用して下さい。

 

3.クローゼット・押入れ・物入れなど収納スペースの空気の入れ替えを行う。

押入やクローゼットは、換気をしても空気の入れ換えが非常に少なく水蒸気を滞留させる場所となっています。晴れた日には時々収納スペースの扉を開け、空気を入れ換えることをお勧めします。

 

4.ガス・石油ストーブや加湿器の使用は極力控える

石油やガスを燃焼させているときに大量の水蒸気を発生させています。加湿器もその名の通り、室内に水蒸気を放出しています。暖められた空気に含まれる水分量は多いのですが、暖房器具を止めた後に室温が下がるとともに空気中に留まることができなくなり、空気中の水分は水滴などの現象で表面化、いわゆる表面結露の発生となってしまいます。

 

002そしてこの発生した結露を寝ていたり、部屋を使わないなど気付かない場合も多く、それを繰り返していく事でカビが発生する事に繋がっていきます。この結露を防ぐには、ストーブを使用中・使用後はしばらくの間換気扇を回す事である程度防ぐことができます。

また、換気扇の無い部屋ではエアコンなどの電気式の暖房器具を使用する事が、結露ならびにカビの発生を防ぐ為には重要です。


Q: 駐輪場の使用方法を教えて下さい。

A: 物件に設置している駐輪場を使用する場合、管理を担当する支店・営業所に申請していただき、弊社発行の駐輪シールを貼付していただく必要がございます。
お住まいの物件によって駐輪場使用に関するルール(有料の場合もございます)が異なりますので、詳しくは支店・営業所までお問合せ下さい。

 

※駐輪シールが貼付されていない自転車は一定期間の催告後、撤去させていただく場合がございますのでご注意下さい。


Q: トイレが詰まってしまいました。

A: ラバーカップをご用意下さい。
便器内に十分な水を溜めます。(半分くらい)
3.ラバーカップを便器内の排水溝に軽く押しつけて、強めに引きます。
水の流れが良くなるまで数回繰り返します。
4.水を数回流して、詰まりが解消されたか確認して終了。

※注意 3の作業の前に便器にサランラップ等を貼ると水の跳ね返りを防げます。

007

 


Q: 排水溝が詰まってしまいました。

A: 排水口の詰まりは、ほとんどが排水トラップの詰まりになります。
排水トラップを外して髪の毛等が詰まっていないか?確認して下さい。

005


Q: エアコンからポコポコと異音が聞こえます。

A: 換気口や窓を少しだけ開けるようにして下さい。
マンション等の気密性の高い物件は換気口を開ける等の給気をしないでエアコンやキッチン等の換気扇を使用するとこのような現象が起こります。エアコン故障の原因にもなりますので注意して下さい。


Q: エアコンから異臭がします。

A: エアコンの内部にホコリ・汚れが溜まると異臭が発生することがあります。定期的なフィルター清掃を行って下さい。
注意:ホームセンター等で市販されているエアコンクリーニング剤は使用しないで下さい。エアコンの内部に流れなかった溶剤が付着して目詰まりによる水漏れを起こすことがあります。

006


Q: 換気扇が止まらない時はどうすればいいですか?

A: 浴室・洗面所・トイレが一体となった連動型の換気扇の場合は全ての換気扇スイッチを切らないと止まりません。仕様によっては、数分後に止まる設定もあります。
24時間換気システム設置物件の場合は常にONにして下さい。


Q: ガスコンロの火が点火しません。

A: 点火プラグ・ガス噴出口に汚れ等の付着物がないか?水気がないか?確認して下さい。
またはガスコンロの電池が消耗している場合もありますので確認し必要に応じて交換して下さい。


Q: お湯が出ません。(電気温水器の物件にお住まいの方)※オール電化物件

A: 電気温水器は深夜電力を利用してお湯を沸かしてタンクに溜めてから翌日にお湯を使うシステムの為、使用量が多いとお湯が出なくなります。またご入居されて間もない方は、下記の点をご確認下さい。

 

・電源が入っているか?
・温水器の止水栓は開いているか?
・お湯は溜まっているか?

 

以上をお試し頂いてもお湯が出ない場合は、担当の営業所まで御連絡下さい。
※電気温水器のメーカーや型式、品番、年式等を電話にてお伝え頂くと手配等がスムーズになります。

001

ページトップへ